社会福祉法人 俊公会について

社会福祉法人俊公会 基本理念

「ご本人に寄り添う支援を通して誰もが住みやすい地域社会を創造する」
我々は「福祉のプロ」として、障がいを持つ方、ご本人を支える周囲の方々に対して寄り添い、地域に根ざして人生を過ごして頂くための支援を提供します。そのために我々は彼らの通訳になりガイドブックとならなければなりません。「地域とご本人とを結ぶ仕組みを築き、誰もが住みやすい地域社会を創造する」このミッション(使命)を着実に果たすことこそが社会福祉法人俊公会の基本理念なのです。

基本方針

基本方針

目指すべき組織文化

 「利用される皆様全員に、地域に根ざしながらいきいきとした人生を歩んで頂きたい」私たち俊公会は この目標の実現に向けて、利用されるご本人とそこに関係される方々、そして当法人スタッフが一丸となり真に必要なサービスを提供し続けていきます。  ご本人個々によって日々の変化があり、私たちは個々への最適な対応を考え抜きます。決して支援者の価値の押し付けにならぬよう、ご本人に寄り添うためにはどうしたら良いのか?もっと良い支援方法はないのか?私たちは常にベストの解決策を探求しご本人と共に歩みます。 また、当法人運営事業は寄付者や日本国民の方々からの「社会のために」という願いを込めたお金で 成り立っていることを当法人スタッフは深く理解しています。皆様の願いと寄付を糧に、健全な利益の 確保に努めながら当法人運営事業を存続、充実、発展させることで、真に必要なサービスを実現し世の中に広めることを誓います。

法人概要

法人設立年月日 平成9年10月15日
法人名 社会福祉法人 俊公会
法人事務局 〒 039-1165 八戸市石堂2丁目24-6
電話 0178-32-6367
FAX 0178-32-6387
理事長 河原木 一郎
役員 理事6名、監事2名、評議員7名
法人職員 54名
法人運営事業所 生活介護事業 俊公園(定員20名)
→日中一時支援事業
生活介護事業
あゆみの杜(定員30名)
就労継続支援B型事業所
ソーシャルファーム エッグス(定員40名)
共同生活援助
グループホーム杜の館 A棟 B棟(定員10名)・明倫(定員10名)
・ひまわり(定員5名)・小中野(定員7名)
生活介護事業 となみの杜(定員10名)
→日中一時支援事業
就労継続支援B型事業所
となみの杜(定員10名)
放課後等デイサービス
となみの杜(定員10名)
一般相談支援・特定相談支援・障害児相談支援
相談支援事業所 結
※となみの杜の3つの事業は、1つの建物内にあります。

法人沿革

平成3年 無認可小規模作業所「俊公園」開所
平成9年 青森県より社会福祉法人認可
無認可小規模作業所「ひまわり」開所
平成10年 知的障がい者通所授産施設「俊公園」開所(定員20名)
平成16年 知的障がい者通所授産施設(分場)「ひまわり」開所(定員15名)
平成17年 児童デイサービス「チャレンジドキッズスペースオハナ」開所(定員10名)
平成18年 相談支援事業所「サポートセンターオハナ」開所
平成20年 知的障がい者通所授産施設「俊公園」を事業変更し、障がい福祉サービス事業所「俊公園」へ移行(就労継続支援B型事業30名、生活介護事業10名)
平成21年 障がい福祉サービス事業所「俊公園」定員変更(就労継続支援B型事業25名、生活介護事業15名)
平成23年 居宅介護事業所 パーソナルアシスト オハナ開所
「俊公園」を生活介護事業に変更(定員20名)
就労継続支援B型事業所「ソーシャルファームエッグス」を開所(定員30名)
平成24年 児童福祉法改正により「児童デイサービスチャレンジドキッズスペースオハナ」から「放課後等デイサービスチャレンジドキッズスペースオハナ」へ変更。
平成25年 チャレンジドキッズスペースオハナを移転
就労継続支援B型「ソーシャルファームオハナ」を開所(定員10名)
就労継続支援B型事業所「ソーシャルファームエッグス」定員変更(定員40名)
平成30年 共同生活援助「グループホーム杜の館」A・B棟開所(定員10名)
生活介護事業所「オハナ」開所(定員10名)
平成31年 共同生活援助「グループホーム杜の館」明倫(定員10名)増所
共同生活援助「グループホーム杜の館」小中野(定員7名)増所
共同生活援助「グループホーム杜の館」ひまわり(定員5名)増所
生活介護事業所「あゆみの杜」開所(定員30名)
「オハナ」から「となみの杜」へ名前変更
相談支援事業所「サポートセンターオハナ」閉所
相談支援事業所「結」開所

交通アクセス

各事業所への交通アクセスはこちら

情報公開

 定款はこちら
 事業活動計算書はこちら
 資金収支計算書はこちら
 貸借対照表はこちら
 現況報告書はこちら
 旅費規定はこちら

Acrobat Reader この文章はPDF形式で作成されています。この文章を開くには、Adobe Reader が必要となります。
ダウンロードはこちらから。